裏側矯正について詳しく知りましょう

歯の矯正方法には、いくつかの方法が考えられます。
歯の矯正には時間もかかることになり、早めの治療が勧められています。
特にお子さんの時に治療を行うことで、コンプレックスなどを感じ前に治療を終わらしたいと考える人も多くなっています。
治療のオーソドックスな方法として用いられて来たのが、表側矯正と言われるもので歯の表面にブラケットと言われるワイヤを通す方法です。
また裏側矯正がありこの方法とは、歯の裏側にブラケットを付けワイヤーを通すものです。
更にはマウスピースを咥えるものや、インプラント治療を行う方法も出て来ています。

裏側矯正とは?その特徴

裏側矯正とは?その特徴 歯の矯正では表側矯正が一般的ですが、目立つことで嫌がるお子さんも多くいます。
そこで目立たない方法として行われるのが、裏側矯正と言う方法があります。
この裏側矯正とは、歯の裏側にブラケットと言われるワイヤーを通して、歯並びを綺麗にするものです。
この矯正方法の最大のメリットは、装置が全く見えない所にあります。
そのためお子さんが揶揄われる心配もなくなるとか、接客業などで働く人にとっても口を開けることに抵抗を感じないで済むことになります。
また若い女性の方にも人気の治療方法となっています。
彼と一緒の時でも、自然な笑いが出来るメリットが出て来ることになります。
裏側矯正の特徴は数多くあり、また表側矯正同様にしっかとした治療が出来ることが出来ます。

見た目が気になる大人の歯列矯正に裏側矯正が人気

見た目が気になる大人の歯列矯正に裏側矯正が人気 大人になってから矯正治療を始める方が最近増えています。
歯並びが悪いということにコンプレックスを感じていた人でも、歯並びが綺麗になることによって自分に自信を取り戻すことができるようです。
矯正治療というのは、本来骨が柔らかい子どものできるようになときに行うのが良いのですが、家の事情もあり、親が矯正治療をしてくれなかったという方は少なくありません。
だからそのような方が大人になって自分で働くようになり、自分のお金で矯正治療を行うわけです。
歯の矯正は子どもではなければできないわけではなく、大人になってからでも十分可能なのです。
ただ大人の場合、子どもとは異なり見た目の問題があるので、子どもの矯正治療のように銀色の矯正器具を歯の表面につけているのは少しみっともないものです。
そこで大人の歯列矯正で人気があるのが矯正器具を歯の裏側に付ける裏側矯正です。
裏側に矯正器具をつけるために、正面からでは全くわかりません。
矯正効果は前につけるのとほぼ同じで、裏側矯正だから歯が動きにくいということもありません。
そのため見た目を気にする人に人気があるのです。
ただ通常の表側矯正に比べると費用が高くなってしまうというデメリットがあります。
他にも目立ちにくい矯正方法はあるので、予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

歯列矯正において裏側矯正をするメリットとは?

審美的な歯の治療に注目が集まっていますし、利用されている方も多いです。歯並びが悪い事で気にしている方は、矯正歯科と診察項目にあげられている歯科クリニックで相談をしてみてください。
すべてのクリニックで歯列矯正を行っているわけではありませんし、まずはクリニック探しからです。
ちなみに一般的には歯の前側に金具を装着して矯正をしていくというのが定番です。この方法は締め直した時に痛みが生じる事も多いですし、虫歯リスクが上がってしまうというのあがります。
もちろん強力に直していくことが出来るという点では良いですが、インビザラインのように透明なマウスピースを使う方が気にしないで出来るという声も多いです。
金具を使う方法では、裏側矯正というのも最近利用している方が増えています。裏側矯正のメリットは、笑ったりしたときでも目立たずに矯正していることが分かりづらいという点が挙げられます。何をとるかで相談をしてみると良いでしょう。

裏側矯正のデメリットとは?実際によくないのか

歯列矯正の方法は沢山ありますが、最近注目されているのが裏側矯正やインビザライン矯正です。通常の金具ですと前から目立ってしまいますので、笑った時に気になる方も多いでしょう。インビザラインはその点着脱出来ますし透明なマウスピースですので、目立つことも無く快適です。
裏側矯正は目立たないですが、矯正という点においては前から行う方が早く終わるという声も多いです。やりづらいというのもありますし、あとは虫歯リスクが上がるという点ではデメリットです。
どちらでも金具の場合は口内炎が出来やすかったり、あとは食べ物が挟まったりして虫歯のリスクが上がるという点ではデメリットです。
裏側の方が目だたないという点では良いですが何をとるかという事になるでしょう。インビザライン矯正の方が目立たず痛みもないので快適です。矯正においては目立ってしまうということもありますが、痛みが嫌という声も多いので気になる方は比較と検討してみましょう。

裏側矯正のトラブルには費用面が高いのがあります

歯を矯正したいと考えている人では裏側矯正をする人も多くいますが、前もってメリットやデメリットを知りトラブルに気をつけることです。
大きなメリットとしては、目立たないことから人に知られることが少ないということで、矯正していることが知られることに抵抗を感じる人も多いです。その他にも食事もしやすいのは、裏側なので問題なく咀嚼できることや違和感を感じないことも助かります。
デメリットでは、やはり通常の矯正よりも費用が高くなりやすく、費用面の話をしておかないと裏側矯正ではトラブルを招いてしまいます。また装着部に舌が触れやすくなることから、滑舌が悪くなるともいわれています。こちらも慣れてくると多少は滑舌の問題はクリアできますが、前もって説明を聞いていると対応が早いです。
何にしても歯の矯正には様々なリスクファクターが存在し、対処をできるような生活環境であれば問題ありませんし、学生などは友人と話をする環境であるので、特に気をつけたいことです。

裏側矯正の治療費は保険が適用されないです

一般歯科においては、保険適用での治療が多いです。しかし審美歯科となりますとほとんどは基本的に保険適用外で自費治療です。
インプラントや歯列矯正、またホワイトニングなどがこれに当たるのと同時に、セラミックなども同様です。歯並びの場合はお子さんで必要不可欠という事になりますと保険適用されることもありますが、大人の方の歯列矯正の場合は殆どのケースで治療費は自由診療で自費です。
裏側矯正というのは、金具を歯の裏から着ける方法ですが、こちらも同様に保険は適用外です。裏側矯正の方が笑ったりしたときでも目立たずに矯正をしている事も知られること無く、治療が終わる可能性も有るというメリットがあります。
審美的に治療をしたい方にはおすすめですが、こちらの方法の方が少し高くなる事もあります。また裏側矯正自体を行っていないところもありますし、インビザライン矯正なども含めてベストな方法を探してみると良いでしょう。口コミもチェックです。

裏側矯正をするのは社会人となった世代が多い

自分の歯並びが悪いことで虫歯になりやすくなったり、見た目を気にすることでコンプレックスになっている人も少なくありません。
そういった歯の矯正には様々な方法があり、近年注目されているのが裏側矯正です。子供の頃からやっているケースもありますが、増えいているのは20代などの社会人となった世代といわれています。
この背景には、元から気になっていたが親に相談できなかったことや、費用が掛かるので断られたという意見もあります。
社会人として働いて自分のお金を使って裏側矯正をするには問題がなく、スムーズに進めることができるので、安心してコンプレックスを解消できます。
あまり人に知られたくない人に向いているのは、歯の裏側に矯正器具を装着するので、見た目ではわからないことです。
食事中もわかりにくく咀嚼するときにも問題がありませんので、食事での不便なところはありません。しかし気をつけたいのは滑舌などが悪くなることがあるので、おしゃべりをするときには注意をすることです。

裏側矯正のおすすめ情報

裏側矯正

新着情報

◎2023/01/06

情報を更新しました。
>歯列矯正において裏側矯正をするメリットとは?
>裏側矯正のデメリットとは?実際によくないのか
>裏側矯正のトラブルには費用面が高いのがあります
>裏側矯正の治療費は保険が適用されないです
>裏側矯正をするのは社会人となった世代が多い

◎2020/4/24

見た目を気にせず効果的な治療
の情報を更新しました。

◎2019/9/13

舌側矯正やリンガル
の情報を更新しました。

◎2019/5/17

裏側矯正は専門医がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2019/3/15

裏側矯正にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2019/2/28

サイト公開しました

「裏側 矯正」
に関連するツイート
Twitter

歯科矯正をするときにまず最初にワイヤー矯正かマウスピース矯正かを選択するわけだけど、ワイヤー矯正でも値段は上がるけど裏側矯正が出来ないわけでもないけどインビザラインを選択して最新テクノロジーのオルソパルスを使用しているので寝る時だけしかマウスピースつけてないけどほぼ予定通りらしい

顎変形症の治療のための歯列矯正が昨日からスタートしたの🥲✊🏻💧 上の歯のみ裏側矯正だから特に違和感がすごくて、、ごはん食べるの気遣って疲れるしゆっくり食べなきゃだからすごく時間かかって……( i _ i )💭 たぶん痩せちゃいますラッキーー✌🏻💛

けんちゃん歯列矯正裏側からやってて、外から見えても分からんのいいなあと思ったけど、めちゃくちゃ喋りづらそうだったな、とふと思い出した。

まさか裏側矯正?なんか違うなぁ

🦷部分矯正🦷 こんな方にオススメ! ☞前歯が少しねじれた部分だけを治したい ☞部分矯正を、裏側からの矯正で治療したい 当院では、 マウスピース型矯正装置「インビザライン」での 部分矯正も行っています☺️ 患者さまが「一番優先したいこと」を優先して治療します。 お気軽にご相談ください✨